代表理事挨拶

山口代表 写真

一般社団法人JPN美容矯正セラピスト協会 代表理事

山口勝美

Katsumi yamaguchi

メッセージ

メッセージ

Message

誰もがセラピストに

こんにちは、JPN美容矯正セラピスト協会代表理事 山口勝美です。
長年にわたりセラピストとして活動するなかで感じた事があります。
それは、セラピストを目指す方も多い反面、狭い世界にくすぶって、なかなか輝ききれていない方がいらっしゃるということです。
一般社団法人JPN美容矯正セラピスト協会は、セラピストとして女性のライフスタイルを輝かすことを目的として、活躍する「プロセラピスト」を育成するために設立されました。
美容矯正の技術を通じてセラピストとしての様々な活躍の場を応援していくことを目指しています。

「誰もがセラピストになれる」プロフェッショナルを目指す・・・。
では、そこに到達するために何が必要なのか?と考えた結果、プロの技術から起業、経営までを学ぶ講座やセミナーが必要でした。
インプットするセラピストの方々は確かに多いです。しかしこれからは、自らの知識を活かしながらアウトプットし、世の中に役立てていかなければならないと私は思っております。
何の仕事でもそうですが、やりがいのある仕事かどうかは本人に掛かっているんです。
自分自身がセラピストでどうありたいか…ただ人を癒したいのか…その先はどうしたいか? それを踏まえてやらないと、ただそれだけでは続かない時代に来ていると思います。
「何の為にこの仕事を続けるのか…」それを明確にし、セラピストとして輝いていただけるよう、当協会が少しでも貴女様のお手伝いできれば幸いです。
「誰かのために役立つ」セラピストは、世の中のために役立ち、またセラピスト自身も輝いていなければならないとわたしは思います。

一般社団法人JPN美容矯正セラピスト協会 代表理事

山口勝美

プロフィール

プロフィール

Profile

1981~1999年までヘアメイクスタイリストとして活躍。その後フリーとなる。前職のメイクでの仕事をやっていくなか顔の歪みや小顔になれないか!?などの視点に着目し、美容クラニオパシー技術を習得。
また、女性に多い未病にも着手し、オステオパシー(整骨医学)・クラニオパシー(頭蓋仙骨療法)・整体療法・カイロプラクティック療法・美容矯正を学び、オートクチュールアナリストとなる。 2006年美容矯正サロン‐face&bodytherapyナチュールミューをオープン。美容矯正セラピストの育成と普及のためにJPN美容矯正セラピスト協会を設立。
現在、協会運営にて頭蓋骨から健康美を伝えるセルフメソッド『セルフ骨格小顔調整術』の講座も運営。延25000人の施術経験に基づく、オリジナル手法の施術で、結果が速効で出る頭蓋骨から足根骨まで整える施術(整顔)で全国で活躍中。

活動実績

  • - 日本テレビ『魔女たちの22時』の出演者のボディ矯正を担当
  • - 2015・16ミス・ユニバース・ジャパン・BCキャンプ 講師
  • - DiNA DNAビューティーアドバイザー
  • - 国際薬膳食育師
  • - 美容矯正専門サロン-face&bodytherapy-ナチュールミュー 代表


著書

3万人が効果を実感したという頭蓋骨調整のメソッドを初公開! 簡単なセルフメンテナンスで、頭痛、肩こり、首こり、 不眠、眼精疲労など不快症状を解消! さらに、「小顔になる」「顔が左右対称になる」「たるみが消える」といった美容効果も。
あなたも頭蓋骨をユルめて、美と健康を手に入れませんか?



頭蓋骨をユルめるとカラダが快調になる

頭蓋骨をユルめるとカラダが快調になる! 単行本 – 2017/1/26
山口 勝美(一般社団法人JPN美容矯正セラピスト協会代表理事) (著)

出版:世界文化社